注目のレンタルオフィス

起業や独立をする方が増えている中、広がりを見せているのが今注目のシェアオフィスです。
今までのレンタルオフィスは個室のスペースを借りるのが一般的でしたが、シェアオフィスではフリーアドレス制など、フリースペースの中でデスクを借りシェアをするタイプのレンタルオフィスです。

このシェアオフィスが特徴的なのは多くの場合コワーキングの考え方を取り入れている事。

コワーキングとは特定の企業や組織に属さずに仕事をするフリーランスのクリエイターや起業家たちの働き方の事。
元々は海外で発祥した概念ですが、2000年代に入ってからは日本でも浸透しはじめていますす。

そんなコワーキングスタイルの為のシェアオフィス。
シェアオフィス自体は新しいものが多いですが、住所貸し・電話番号貸し・会議室共有・OA機器レンタルなどレンタルオフィスに基本的なサービスも利用できることが多いです。

ではシェアオフィスを利用するメリットとはなんでしょう。
シェアオフィスの多くはフリーアドレス制を取り入れているので入居者同士でコミュニケーションが取りやすいのが特徴です。入居者同士がコミュニケーションを取ることによって新たなアイデアが生まれたり人脈が出来たりするので、新たなビジネスチャンスを生む場にもなります。
これがシェアオフィスを利用する最大のメリットでしょう。
次に個別スペースのレンタルオフィスより入居費用が安い場合も多いです。
あるシェアオフィスでは優秀な若手起業家やフリーランスを支援するため、条件を満たした場合、無料で入居できるシェアオフィスもあります。
インターネットカフェのような時間貸しスタイルのシェアオフィスもあり、こちらは少しだけ利用することもできるので、外出の多いフリーランスやノマドワーカーに人気です。

また、シェアオフィスの利用者にはクリエイターなどが多いので、オフィスのインテリアが一般的なレンタルオフィスよりおしゃれなことが多いのも魅力の一つです。
ここまで書くとメリットばかりのようなシェアオフィスですが、デメリットもあります。
まず、高い個人情報や機密情報を扱う仕事では、高いセキュリティが要求されますが、シェアオフィスではセキュリティが十分とはいえません。セキュリティ面を重視する方にはコミュニケーションを重視した開放的なシェアオフィスはデメリットとなるでしょう。
他には、シェアオフィスの最大のメリットである入居者同士のコミュニケーションですが、これも場合によってはデメリットです。
入居者が同じ様なタイプの人ばかりでアイデアや人脈が思ったように広がらない場合もありますし、使用機器や会議室などの折り合いを付けるのが面倒ということもあります。

今注目のシェアオフィスですが、メリットとデメリットを考慮して活用できそうな場合は検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です