起業を支援するレンタルオフィス

レンタルオフィスを知らない人も多いと思いますが、これにて起業を考えること、起業をする機会がより身近に感じるようになったのではないかと思います。
従来はともかく店舗などのテナントを探すのに手間がかかって、立地条件を気にしていました。
マーケティングの面からいえば、なるべく街の人通りの多いところのほうが有利に思うことがあります。
そういうところほど賃料・テナント料が非常に高くつき、それだけで月々の経費として支出することになります。
頭金などの支払いを含めて考えれば、ある一定以上の所得・貯蓄のある人たちしか、起業はできないと考えるのが通常でした。

レンタルオフィスによって、多くの人たちが起業を考えることができるようになりました。
なぜなら、何よりも月々のランニングコストが非常に安いというメリットがあるためです。
一般の賃料・テナント料よりも、数分の1の料金で利用することができます。
まさしく、オフィスもレンタルすることができるようになりました。というと、マンスリーマンションのようにかえって、高くつくかもと思われるかもしれませんが、レンタルオフィスの場合は逆に安くなっています。
レンタルオフィスが安いのは、テナントを1社だけで用いるのではなく、複数社が用いるためのものとして用意されているからであり、大幅なコストダウンを可能にしています。
従来100万円プラス月々15万円とかかっていたのが、レンタルオフィスを利用すれば店舗により異なりますが月々6万円プラスオプション料金で済みます。
これだけ安くて、ビジネスチャンスが拡がるのはかつてないことでしょう。

しかしながら、複数社が入ることから会議室の利用時には予約制で順番待ちになることもあります。
一応たいていのところでは2つ3つの会議室を用意していますが、それらを頻繁に用いたい場合には融通が利かないときが出てきます。店舗によっては、会員のみが利用できるところと、非会員でも利用できるところがあります。
それらオプション料金として一律料金であったり、会員利用の場合に少し安くしていたりします。
さらにプロジェクターの貸し出しも別途行っています。

そうすると、レンタルオフィスは当初は安いけれども、後から会議室を利用したいといったときには多かれ少なかれ追加料金がかさみます。
もっぱらレンタルオフィスをごく限られた範囲で利用するだけなら安くなりますが、様々な利用をしていきたいと考えるなら、じつは1社で契約して借りる従来のテナントのほうが有利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です